Powered By 画RSS

機動戦士ガンダム EXTREME VSシリーズの情報をまとめるブログです。

当ブログのご利用は計画的に。
鵜呑みにすんなよ!自分で考えて勝ってこそのVSシリーズだぞ!


お知らせ
現在ブログのTOP絵募集中です。サイズは1250×200です。
書いてくださった方はブログのメールフォームより連絡お願いします。

掲示板pt3


前の記事へ | PAGE-SELECT | 次の記事へ

この記事のコメントを読む ≫ EDIT

【ミニコラム】フルブからマキブオンまで使えるインパルス起き攻めネタ

インパルス1021

コラムスレにて投稿されたインパルスガンダムの起き攻めネタです




フォースインパルス
>起き上がり重ねCS
起き上がりにCSの盾を停滞させるように撃つ。
暴れると停滞してる盾に当たり、360度反射するBRによるセルフクロスが狙える。
CSの飛距離分離れてCS撃つだけのローリスクローリターンな起き攻め。

うっかり盾から軸をずらすのを忘れているとほぼ当たる。
特に地走機にはセルフクロスが狙えるため決まりやすい。
変わった所では、カプルは交代したい時、
高飛びして交代しようとするので真上に反射したBRが刺さり交代できずに爆散してしまう。

また特格から出せば視界を奪いつつ同じことができるが、
ブースト不利にもなるデメリットがある。


ソードインパルス
>前進ブメ
起き上がりに前BDや前ステなどからブメを強引に押し付ける。
格闘距離から逃げようとする相手には引っ掛けやすい。
しかし暴れられるとブメ発生前に潰され
しっかりステップで避けられると、こちらはステップできないため反撃を受けやすい。
引っ掛けやすい分ハイリスクな起き攻め。
相手が跳ねて起き上がった場合、大抵逃げる気なのでこの起き攻めが狙いやすい。

>特格
相手の起き上がりに特格を使う。
攻撃判定を出しながら上昇するため、
相手が暴れていると巻き込み、当たらなくとも上から格闘やブメを狙える。
逃げる相手には逃げられやすく、ブースト不利にもなるが
相手がその場で起き上がった場合こちらのほうが比較的安全。
でも要読み合いで。

さすがに格闘機に暴れられると潰されるので
相手の武装により早めに上昇して、相手の暴れを空振りさせたり
状況や読み合いで色々変えていくと良い。


>補足
ソードインパルスで、プレッシャー持ちに起き攻めを仕掛ける場合、
後特射で強制ダウンを奪えるので強気に起き攻めを仕掛けられる。
しかしプレッシャーに期待しすぎるて早まると、プレッシャーを使って貰えず、
ブラストになった所を狙われた挙句、最悪ブラストのままプレッシャーで起き攻めされてしまう。

上手くいけばGセルフやキュベレイなどにも強気にいけるのでチャンスは逃さずに攻めたい。

最後に簡単にまとめるとこんな感じ





リスクリターン暴れ対応押し付け
CS××
前進ブメ××
特格×


コラムスレ >>533より
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/game/57752/1431953344/533


関連記事
【EXVSFB】インパルスガンダムの使い方講座~初心者向け~
【EXVSFB】インパルスガンダムの使い方講座(中級者向け)
【EXVSFB】インパルスガンダムの「9特射絡みの強行動&相方さんに伝えたい事」


掲示板pt3


 

他ブログオススメ記事

| コラム | 04:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

 

COMMENT

特格CSでブースト使うならCSだけまいてりゃ良いよ、起き攻め

名無しEXVSさん 2016/05/10 11:45

FBの頃ほんとCS起き攻め見えなかった

名無しEXVSさん 2016/05/10 13:24

マキブからのインパはもうダメだ

名無しEXVSさん 2016/05/10 14:28

参考になるわー

わいが強格持ってない相手に良くやる起き攻めも紹介
ソードで張り付き
横格で釣り横ステブメ

横見せることで振り向きうち誘ったり、心理戦しかけられるんだなー

名無しEXVSさん 2016/05/10 22:49

使わないけど使う側の選択肢がだいたいわかって良かったわ

名無しEXVSさん 2016/05/11 06:01

俺はBD格闘からの横ステブメだな、エピオンでも特格Nで抜けて横ステ横鞭やるし

名無しEXVSさん 2016/05/18 11:58















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://extremenews.blog.fc2.com/tb.php/1211-8f0d5d2f

TRACKBACK

前の記事へ | PAGE-SELECT | 次の記事へ

ブログパーツ